米高級食品店「ディーン&デルーカ」(DEAN&DELUCA)が発祥の地ニューヨークなどで大量閉店し、米国での存続が危ぶまれている。輸入食材や高級総菜を扱う大型スーパーの攻勢や、食料品のネット通販の広がりで競争が激化。給料の遅配や仕入れ先への代金未払いが常態化するなど、経営が行き詰まっていた。D&Dは米国に約10カ所残っていた店舗を、7月以降に相次ぎ閉店した。本拠のニューヨーク・マンハッタンでも