ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰氏(71)が教授を務める名古屋市の名城大では、教え子5人と関係者ら約30人が受賞の吉報を待った。吉野氏の名前が読み上げられた瞬間、一瞬シーンとなった後、「来た来た」「うそー」などと拍手して喜んだ。吉野氏の授業を週1回受ける岩月駿弥さん(22)=大学院理工学研究科1年=は「改めてすごい先生だなと思った。リチウムイオン電池はIT化を支え、新しい時代をつくったと思