ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の試合運営に台風19号が影響を与える可能性が高まり、主催する国際統括機関「ワールドラグビー」(WR)と大会組織委員会は、12日と13日にある計7試合の開催判断に頭を悩ませている。7試合は各チームにとっての1次リーグ最終戦。A組の日本―スコットランド(13日、横浜)は8強による決勝トーナメント進出がかかる試合になりそうで、台風が直撃する可能性のある12日の