巨人・岩隈久志投手(38)が足の付け根周辺の手術を近日中に受けることが8日分かった。17年9月に右肩を手術したが、今回は骨や関節ではなく内科的な治療。来季の開幕を万全な状態で迎えるために決断した。既に現役続行が決まっている日米通算170勝右腕は、マリナーズから8年ぶりに日本球界復帰した今季1軍登板はなく2軍戦2試合登板にとどまった。この日は川崎市のジャイアンツ球場でファーム練習に参加した。