【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が8日発表した7〜9月期の連結決算(速報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は7兆7000億ウォン(約6900億円)で、過去最高だった前年同期比では56.2%減少したが、前期比で16.7%増加した。売上高は62兆ウォンとなり、前年同期比5.3%減、前期比では10.5%増となった。スマートフォン(スマホ)とディスプレー事業が好調で、主力の半導体メモリー事業