立憲民主党の枝野幸男代表は7日の衆院本会議で安倍晋三首相の所信表明演説に対する代表質問に立ち、憲法改正手続きを定めた国民投票法改正案をめぐる大島理森衆院議長の発言について「信じがたい。議会運営に責任を持つ議長が政治的に注目される法案について、時期を区切って合意を期待するのは越権だ」と批判した。同時に「事態を真摯(しんし)に受け止め、一層中立公正な議会運営にあたるよう強く求める」と注文を付けた。