[ワシントン2日ロイター] - 体調不良を訴えて入院し医療処置を受けた米野党民主党のバーニー・サンダース上院議員(78)の選対陣営は2日、この状況を受け、同氏が掲げる看板政策である国民皆保険制度「メディケア・フォー・オール」の重要性を訴えた。来年の米大統領選に向けて民主党の候補指名を争うサンダース氏はは前日の選挙運動中に胸の痛みを訴え入院。動脈閉鎖と診断され、ステントという装置を胸部に埋め込み、