◇強制性交罪第2回公判派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)の第2回公判が26日、東京地裁(滝岡俊文裁判長)で開かれた。新井被告は、オイルマッサージ店自体を「限りなくグレー」と持論を展開。「キワキワ」「タマ」など生々しい表現を使い、無罪を主張した。無罪を勝ち取るため、なりふり構わぬ答弁に打って出た。被告人質問で