「生物を危険から守る「闘争・逃走反応」は、骨から放出される物質が引き起こしていた:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちらヒトを含む脊椎動物は、突然の恐怖や差し迫る危険に直面すると、身体に「急性ストレス反応」が起きる。瞳孔は拡大し、周囲の音は聞こえなくなる。鼓動は一気に速まり、血圧が上がって呼吸が激しくなるだろう。すべては筋肉にエネルギーを送って危機的状況に対応できるようにするためだ。恐怖や危険