さすがに先の埼玉県知事選挙で相手候補の陣営に入ってその陣頭指揮を執った上田氏への相乗りは出来ないだろうと思っている。上田氏は一部の方から選挙の鉄人なる異名を奉られているそうだから、自民党から候補者を擁立しても所期の成果を挙げることは難しいと考えるのは自然なことである。しかし、だからと言って候補者を擁立しないというのも難しい。来るべき衆議院の解散・総選挙を視野に入れれば、自分たちの陣営の士気が落ちる