無所属から立憲民主党に入党する国会議員はいても、無所属から国民民主党に入党する国会議員はいないようである。自民党の支持層との親和性が一番ありそうなのに、無所属の国会議員から敬遠されてしまうのにはそれ相当の理由があるのだろう。一種の風評被害があるのだと思う。国民民主党の支持率が1パーセント台だなどと散々言われてきたから、国民民主党を名乗っていてはとても小選挙区制選挙の衆議院選挙では当選出来そうにない