私は、難しい課題を与えられる方が燃える。まあ、あまりにも難しくて頭が真っ白になってしまうような超難問はさすがに遠慮するが、ほんのちょっぴり難しいくらいの問題なら喜んで引き受ける。難しい問題を解決したときの喜びは一入である。前環境大臣の原田さんが残した宿題は、どうか。既に解が示されているような問題だから、超難問という部類ではなさそうだ。結論を出すためにはそれ相応の工夫と配慮が必要だが、答えが出せない