9月14日にサウジアラビアの石油施設2カ所が攻撃され、原油生産が大幅に減っている。減少量は、世界の供給量の5%にもなり、原油価格は15%もアップしている。イランが支援するイエメンの反政府組織フーシが、自らが攻撃したとの声明を出したが、アメリカは、攻撃がイランやイラクの方向からだと指摘した。イランはこれを否定している。アメリカとイランの首脳会談が開かれるのではないかという観測も出ていたが、それもこの状