【ソウル聯合ニュース】韓国法曹界によると、ソウル中央地検は16日、大学への不正入学疑惑が持たれているチョ国(チョ・グク)法務部長官の20代の娘を被告発人として出頭させ、事情聴取した。高麗大と釜山大医学専門大学院の入試に絡む疑惑を追及したとされる。チョ氏の娘は高校在学中の2007年7〜8月に2週間、檀国大の医科学研究所にインターンとして通い、翌年12月に医学論文の筆頭著者に名を連ねた。この論文は、