サウジアラビア・アブカイクとクライスにある石油関連施設が14日、空爆によって炎上し、日量570万バレルの生産が停止した。これは、世界供給量の約5%に相当する。15日には原油価格が急騰し、約4カ月ぶりの高値水準となった。15日夜のブレント原油先物は、前週末より1バレル11.73ドル(19%)上昇し、71.95ドル。ウェスト・テキサス・インターミディエイトは15%上昇の63.34ドルだった。ただし、ドナルド・トランプ米大統領が必要な