国民民主党災害対策本部(本部長=古川元久衆院議員)は11日、党本部で、台風15号による被害状況及び今後の対応について、関係省庁からヒアリングを行った。冒頭、玉木雄一郎代表は、「現状を把握して、一日も早い復旧に全力を挙げたい」と述べ、関係省庁に状況説明の協力を呼び掛けた。ヒアリングでは、千葉県で活動している奥野総一郎衆院議員、谷田川元衆院議員から、停電の解消が遅れている理由、鉄道の開通の見込み