人気ゲーム「戦国無双」などで特許権を侵害されたとして、ゲームソフト大手「カプコン」(大阪市)が約9億8千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、知財高裁(鶴岡稔彦裁判長)は11日、一審・大阪地裁判決を変更して侵害の範囲をより広く認め、販売元の「コーエーテクモゲームス」(横浜市)に約1億4400万円の賠償を命じた。コーエー側によると、控訴審で新たに特許権の侵害と認定されたのは、ゲーム機にシリー