【AFP=時事】米ニューヨークのブルックリン(Brooklyn)区で、アルコールを使ったネズミ対策の最新兵器が公開された。ネズミは米国最大の都市、ニューヨークの暮らしの中のあまり魅力的でない側面の一つで、地下鉄の線路の合間をちょこちょこ走り回ったり、ごみ袋のまわりを嗅ぎまわったりしている姿を見かけることはしばしばだ。同市は長年、繁殖力を抑制する薬剤を使用したり、害獣が侵入できないごみ箱を設置したりするな