安倍晋三首相が11日に行う内閣改造・自民党役員人事を前に、閣僚や党幹部への起用が内定した政治家が首相から内示されたことを相次いで事前に公表した。党役員は11日午前の臨時総務会、閣僚は午後にある皇居での認証式を経て、正式に就任する。ややフライング気味に「所信表明」した格好で、安倍政権のこれまでの人事でも珍しい現象だ。新たに選対委員長に就任した下村博文氏は10日午後、自身のフェイスブックを更新。「