【AFP=時事】イラク中部カルバラ(Karbala)で10日、イスラム教シーア派(Shiite)の祭日「アシュラ(Ashura)」に当たり聖地に向かって行進していた巡礼者らが折り重なって倒れ、少なくとも31人が死亡、100人が負傷した。イラクでは過去、アシュラの行進がスンニ派(Sunni)の過激派集団に襲撃されたことがあるが、今回の被害規模は同国のアシュラで起こった雑踏事故としては近年最大となった。首都バグダッドの南約100キロ