サッカー界屈指の熱血漢が、自ら犯した過去の“失態”を告白した。自らの過ちを明かしたのは、リバプールを率いるユルゲン・クロップ。言わずと知れた稀代のモチベーターである。英紙『Daily Mail』によれば、52歳のドイツ人監督指揮官がAmazonのドキュメンタリー内で明かしたのは、ドルトムントを率いてブンデスリーガ制覇を達成していた8年前のエピソードだ。当時のドルトムントは、欧州挑戦1年目を迎えていた日本代表