甲子園では球児たちが白球を追い、かつて甲子園を沸かせた清原和博(52)は六本木のスポーツジムで打撃練習に励んでいる。このジム通いに隠された、離ればなれになった家族のドラマを知る者は少ない――。打撃練習をする番長の姿を「週刊ポスト」が掲載したのは、8月上旬のこと。現役時代に指導を受けたトレーナーが主宰するジムだ。「記事では清原さんのスイングの豪快さを取り上げていました。でも実は、もっと深い話がある