「AirDrop機能」を使った痴漢行為が増加 事例と対策を解説東洋経済オンライン

「AirDrop機能」を使った痴漢行為が増加 事例と対策を解説

ざっくり言うと

  • iPhoneの「AirDrop機能」を使った痴漢行為が増加しているという
  • 女子高生が電車内などでわいせつな画像を送りつけられる事例も
  • AirDropの設定を「連絡先のみ」にするなどの対策が紹介されている

ランキング