20時のフルーツより15時のケーキが正解!夜に食べると太るということは、医学的にわかっていることです。その理由には、体内時計をコントロールする時計遺伝子のひとつ、ビーマルワン(B‐MAL1)というタンパク質が関係しています。このビーマルワンには、脂肪を増やす働きがあるのです。そのため、ビーマルワンが活性化すると太りやすくなることに…。夜はこのビーマルワンが活性化するため、日中よりも太りやすいというしくみで