地中海での移民の救助活動を終えたオーシャン・バイキング号の船上で、再会を果たしたスーダンのダルフール地方出身のオマルさん(左)と米国人看護師メアリー・ジョー・フローリーさん(2019年8月23日撮影)。(c)Anne CHAON / AFPAFPBB News

米看護師が移民救助船で奇跡の再会を果たす 15年前に手当した子ども

ざっくり言うと

  • 2004年、紛争中のスーダンで2歳児の手当てをした米看護師
  • 19年8月、地中海の移民救助船で17歳となったその子と奇跡的に再会した
  • 看護師が手当てをした右足のふくらはぎには今も傷が残っているという

ランキング