何かとお騒がせなニック・キリオス(オーストラリア)が、「ATP1000 シンシナティ」での暴言等により、11万3000ドル(約1,190万円)とテニス史上最高額の罰金を科せられた。米テニスメディアのBaselineが、今回キリオスが塗り替えた「テニス罰金ランキング・ベスト5」を発表した。第5位ジェフ・タランゴ(アメリカ)、1995年度「ウィンブルドン」きれいに決まったと思われたサービスエースのポイントに対し、リプレーを要求され