日米貿易協定交渉がワシントンで行われていたが、茂木敏充経済再生担当相は、米通商代表部のライトハイザ―代表と3日間協議し「大枠で合意した」と記者会見している。北海道で重大関心事の農業について、TPP(環太平洋連携協定)水準で決着したと報道されているが、茂木大臣のタフな交渉術が功を奏したものと評価したい。貿易交渉は農業だけでなく自動車を含め各分野に渡る。何よりも国益を考え高度なバランス感覚、将来