中国外務省は21日、香港の英領事館職員が違法行為を働いたため、香港と中国本土との境界付近で拘束したと明らかにした。報道によると、香港出身とされる英領事館職員のサイモン・チェン氏が今月8日から、出張中に行方不明になっている。中国外務省は、チェン氏は広東省深センで拘束されたと認めた。「公共の安全を管理する規則」に違反したため、15日間にわたり拘束するという。ただし、チェン氏のどういう行動が問題だったのか、