スクランブル登板にも動じず「準備はできていました。肩はすぐ出来るタイプ」■ソフトバンク 2-1 西武(19日・京セラドーム)ソフトバンクの椎野新投手が、スクランブル登板で救世主となった。19日、京セラドームでの西武戦。先発の松本裕が3回を終えたところで腰の痛みを訴えて降板。急遽マウンドに上がることとなったが、3イニングをパーフェクトに抑えて4勝目をマークした。突然の出番にも動じなかった。3回まで西武打線を1