今から10数年前、突如として司法試験改革が断行され、それまで500〜700名程度であった合格者数が突如として3000人を目途とされることになった。その時に、大変な時代が来ると予感し、周りの弁護士たちに説いて回ったが、心配するものはほとんどいなかった。それから5年もしないうちに過当競争が目に見えるようになり、「プラチナ資格がただのペーパーに」という記事がアエラだったか週刊朝日だったかに掲載された。弁護士の平均年