【ソウル聯合ニュース】ソウル市教育庁は18日、韓日関係の懸案をテーマに論争・討論する授業を実施するよう、全小中高校に勧告したと明らかにした。テーマは1965年の韓日請求権協定の内容と問題点、昨年の大法院(最高裁)による強制徴用被害者への賠償判決の意味と請求権問題が再び浮上した理由、韓日両国が和解し平和な未来をつくるためにできることなど。ソウルの小中高に通う児童・生徒たちは夏休み明けから授業でこ