国際芸術祭・あいちトリエンナーレ2019の企画展「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれた問題で、醍醐聰東京大学名誉教授、浪本勝年立正大学名誉教授、岩月浩二弁護士は15日、実行委員会会長の大村秀章愛知県知事に「企画展の再開を求める」署名を提出しました。署名は醍醐氏ら研究者・弁護士9氏が呼びかけ、6日から14日までの短期間に6691人分が集まりました。県民文化局職員が応対しました。醍醐氏ら