【AFP=時事】伝説的オペラ歌手、プラシド・ドミンゴ(Placido Domingo)氏からセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)を受けたとする女性らの証言が大々的に報じられているなか、同氏の出身国スペインでは浮上した疑惑に対して、慎重な意見や懐疑的な見方が各所から出ている。スペインオペラ界の関係者らは14日、ドミンゴ氏を「色男」と表現したが、性的な嫌がらせを誰かにしているところは見たことがないと口をそろえた。