【Jリーガー海外大量移籍の深層】#210万円で誰でも代理人に 相次ぐ流出の裏にFIFAの規約改正「できるだけ早い段階で海外へ行きたい」。そう断言する20歳前後の若手が後を絶たない。法政大サッカー部を退部して7月末に鹿島入りした上田綺世を筆頭に6〜7月のコパ・アメリカ(ブラジル)参戦組の大半からそういうコメントを耳にした。「久保建英がレアル・マドリード、安部裕葵がバルセロナに行って『キャプテン翼』で描かれてい