第二次世界大戦の終結から74年目の8月15日を迎えました。戦争の犠牲となって倒れ、傷つき、苦しめられた国内外の全ての人々に、心から哀悼の誠をささげるとともに、遺族の皆さまにお見舞い申し上げます。悲惨な戦争体験による深い傷は74年を経てもなお消えることはありません。私たちは、大戦の反省から得た「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにする」決意と、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と