各国で撤退が相次いでいる今年10月に予定されている「第46回東京モーターショー2019」に、輸入車メーカーの多くが続々と出展の取り止めを表明している。輸入車にとって、日本市場は中国や米国、欧州などに比べて規模が小さいからとする解説もあるが、日本に限らず世界的にモーターショーへの出展社数は減る傾向にある。「東京モーターショー」公式HPよりたとえば正月に恒例の米国デトロイトショーでも、メルセデス・ベンツ、BMW、