(13日、高校野球星稜6−3立命館宇治)少し不可解な継投に見えた。星稜の林和成監督は九回、マウンドに左腕の寺沢を送り、奥川を右翼にまわした。リードは3点。六回のピンチで送り込んだ絶対的エースを、安全圏とはいえない状況で降板させた理由とは何なのか。試合後、林監督は言った。「私のエゴです」1年前の夏の甲子園。2回戦の済美(愛媛)戦で、タイブレークに入った延長十三回に逆転サヨナラ満塁本塁打を打たれ