「なぜ助けなければならないのか」容疑者を治療した医師が語る葛藤プレジデントオンライン

「なぜ助けなければならないのか」容疑者を治療した医師が語る葛藤

ざっくり言うと

  • 事件の「容疑者」に治療を施す医師の心情について、週刊新潮が報じた
  • ある医師は「なぜ、私はこの人を助けなければならないのか」と考えたという
  • だがキャリアを積み、「病気を憎んで人を憎まず」と思うようになったそうだ

ランキング