日本共産党の小池晃書記局長は29日の記者会見で、先の参院選で1議席を獲得した「NHKから国民を守る党」(N国)が、「北方四島交流」での戦争をあおる発言などを行って衆院の糾弾決議を採択された丸山穂高衆院議員を入党させることを決めたことについて問われ、「全会一致で『国会議員としての資格はない』という糾弾決議が上がるような人物を勧誘し、入党させるということであり、政党としての見識が根本的に問われる」と