要介護・要支援認定者数の増加にあわせて給付金額も増加する一方、経営基盤の弱い事業所を中心に倒産に至るケースが増えているようだ。介護保険の被保険者は、65歳以上の人が該当する「第1号被保険者」と、40歳から64歳までの医療保険加入者が該当する「第2号被保険者」に分けられる。第1号被保険者は原因を問わず、要介護認定または要支援認定を受けたときに介護サービスを受けることができる。一方、第2号被保険者について