梅雨から夏にかけて急成長する時期、草刈は郊外の住宅地でも重要な仕事だ。まして耕作地周辺での草刈は欠かせない。少子高齢化の進む日本だが、農業ではさらに深刻だ。【こちらも】AI野菜収穫ロボット開発のinahoが九州進出佐賀県鹿島市にオフィス開設これまでも農業従事者の減少は言われ続けていたが、宅配便の配送だけでなく、そもそも物流のトラック輸送などで人手不足が深刻化している。プロポ操作の草刈機クボタ・ARC-5