[北京23日ロイター] - 中国外務省の華春瑩報道官は23日の会見で、香港で続いている「逃亡犯条例」改正案に反対するデモについて、背後に米当局者がいると主張し、関与を止めるよう要求した。また、米政府が、同国の対イラン制裁に違反してイラン産の原油を輸入したとして、中国国営の石油会社、珠海振戎に制裁を発動したことに強く反対すると述べた。 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニュ