by rawpixel.com動物と触れ合うことで人のストレスを軽減させたり自信を回復させたりするアニマルセラピーは、世界中で広く行われています。その一方で、アニマルセラピーが人に好影響をもたらす科学的証拠はこれまで少なかったそうですが、ワシントン州立大学の人間発達学准教授のパトリシア・ペンドリー氏らの研究チームは、動物と触れ合うことで人のストレスホルモンが軽減されることを実験で突き止めました。Animal Visitation