日本人初となる「NBAドラフト1巡指名」で、ワシントン・ウィザーズに入団した八村塁。現地時間7月7日(日本時間6日)のサマーリーグ第2日のペリカンズ戦で実戦デビュー。14得点、1アシストの成果をあげ、チームの勝利に貢献した。八村の少年時代をよく知る意外な著名人が、ベナン共和国の元特命全権大使・ゾマホン。八村の父親とは「25年以上前から兄弟のような存在」だ。「塁の父親のザカリとは、ともにベナン共和国出身で同