「コートでもコート外でもプロとして、どうやってやっていくかというのを学べたんじゃないかなと思います」そんな大会終了後のコメントどおり、NBAサマーリーグに初めて臨んだワシントン・ウィザーズの八村塁は、十分に手応えを掴んだようだ。“NBAを目指す若手選手の登竜門”と呼ばれるサマーリーグの舞台で、ドラフト全体9位でウィザーズに指名されたルーキーは3戦に出場。平均31.7分をプレーし、19.3得点、7リバウンド、