【AFP=時事】パキスタン当局は17日、同国を拠点とするイスラム過激派組織「ラシュカレトイバ(LeT)」の創設者で、2008年にインドのムンバイで発生した同時多発攻撃の首謀者とされる扇動的イスラム教指導者、ハフィズ・サイード(Hafiz Saeed)容疑者を逮捕した。治安筋が明らかにした。パキスタンに対しては、同国内で活動する武装勢力への取り締まりを求める圧力が高まっている。米国と国連(UN)はサイード容疑者を国際テ