「外国ルーツ」の子どもが社会で自立して生きるためには語学力と学歴が必須だが、その支援が十分ではないという。その問題点とは?(筆者撮影)日本に住む外国人の数が増え続けている。総務省が7月11日に発表した人口動態調査によると、今年1月時点で日本に暮らす外国人の数は249万7000人と過去最高になった。こうした中で見過ごされがちなのが、両親あるいは親のどちらかが外国籍の「外国ルーツ」の子どもの教育問題だ。文部科学