玉木雄一郎代表は17日、川崎市を訪れ、参院選神奈川県選挙区で立候補している国民民主党公認の乃木涼介(のぎ・りょうすけ)候補の応援演説を行った。玉木代表は、「アベノミクスの次の経済政策は家計第一しかない」と述べ、「そうしない限り、皆さんの暮らしは良くならない」と強く訴えた。消費を軸とした好循環の経済に変えるために、消費税増税の凍結、賃上げを行った企業は法人税を減税するなどして労働分配率を上げて