【AFP=時事】欧州連合(EU)の欧州委員会(Eropean Commission)は17日、米インターネット小売り大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)による外部出品者データの不正使用疑惑について正式調査を開始した。EUは米巨大IT関連企業の独占的な優位性を警戒し、アマゾンに加え、IT大手グーグル(Google)、交流サイト(SNS)最大手のフェイスブック(Facebook)、電子機器大手アップル(Apple)の動きを継続的に注視してきている。