レオ・メッシは、コパ・アメリカの3位決定戦のチリ代表戦で退場処分を受けた後、南米サッカー連盟(Conmebol)を厳しく非難している。発言から数日後、彼を擁護する人々が現れていたが、現在はアルゼンチンで最も影響力のある人物であるマウリシオ・マクリ大統領が登場する事態に発展している。 アクリ大統領は、汚職の疑いがあるとまで発言したメッシを擁護している。 「私は無条件にメッシを守る者であり、アルゼンチン